PDFのデータをアウトライン化する方法

PDFのデータをアウトライン化する方法

PDFのテキストをアウトラン化する方法

・PDFのデータをIllustratorで開くと、別の書体に変わってしまう

・PDFのテキストをアウトライン化する方法ってないの?

 

今回は上記のことでお悩みの方に、PDFのテキストをアウトライン化する方法をご紹介したいと思います。

Advertisement

PDFをイラレで開くと書体が置換されてしまう

当社ではワードやエクセルなどで作成したPDFデータを入稿いただくことがあるのですが、データを加工するためにイラレで開くと、書体が置き換わってしまう場合があります。

ちょっとした修正をしたい時など、元々の書体を生かせないこんな状況は困りますよね。

Illustratorで開くと書体が置き換わる

書体の置き換わりを防ぐためにはPDFデータをアウトライン化しないといけませんが、Adobeの「Acrobat DC」を使えば、テキストをアウトライン化することが可能です。

 

Acrobat Pro DCとは

「Acrobat Pro DC」とは、Adobeが発行するPDFの作成・編集・共有などができる有料のソフトウェアで、今回ご紹介するテキストのアウトライン化だけでなく、カラーの変換やデータの保護、注釈の追加など、豊富な機能があります。

AcrobatDCの機能一覧
画像引用:【アドビ公式】Adobe Acrobat DCの機能一覧 | Adobe Acrobat DC

 

またAcrobat Pro DCの利用料金は以下のとおりです。(2021年8月現在)

個人向け
〇年間プラン:1,738円(税込)/月×12回(一括払い20,856円(税込))
〇月々プラン:2,948円(税込) ※年間契約不要

法人向け
〇年間プラン:2,068円(税込)/ライセンス/月×12回

 

個人的にめちゃくちゃ作業効率が上がるソフトで、制作作業にかかるストレスも大幅に軽減してくれます。

有料ではありますが、Acrobat Pro DCを利用しない場合と比較すると、当社では制作にかかるコストを大幅に圧縮することができています。

 

Acrobat Pro DCを使って文字をアウトライン化する

Acrobat Pro DCでPDFデータをアウトライン化する方法は、以下のとおりです。

  1. Acrobat DCでPDFデータを開く
  2. メニューから[編集]>[プリフライト]
  3. [PDFフィックスアップ]>[フォントをアウトラインに変換]>[解析してフィックスアップ]
  4. アウトライン化したデータを保存

 

PDFデータを開き、メニューから[編集]>[プリフライト]を選択します。

編集→プリフライト

 

プリフライトのダイアログが表示されるので、

  1. [PDFフィックスアップ]>[フォントをアウトラインに変換]を選択
  2. [解析してフィックスアップ]をクリックします。

フォントをアウトラインに変換

 

保存場所と名前を指定して、保存します。

名前をつけて保存

 

解析結果が表示されて、フォントをアウトラン化することができました。

最後にダイアログは閉じてください。

解析結果

 

Advertisement

フォントの状態を確認する方法

ねこ松さん
ねこ松さん
ちゃんとアウトライン化できているか確認してみましょう

テキストがアウトライン化できているかは、以下のように確認します。

  1. [Command+D](WindowsはCtrl+D)を押して[文書のプロパティ]ダイアログを開く
  2. ダイアログ上部の[フォント]をクリックして、フォントの状態を確認します。

 

アウトライン前の状態だと使用されているフォントが表示されますが、テキストがアウトライン化されていると何も表示されません。

フォントの状態を確認

 

PDFをIllustratorで開くと、アウトライン化されていることが確認できます。

アウトライン化データをイラレで開いた状態

その他のアウトライン化の方法

PDFのテキストをアウトライン化する方法をご紹介しましたが、たまに上記の方法でアウトライン化できない場合があります。

そのような場合、以下の方法でうまくいく場合があります。

  • Illustrator上でPDFをアウトライン化する
  • Microsoft Print to PDFでアウトライン化する

 

Illustrator上でアウトライン化する

Illustrator上でPDFをアウトライン化する方法は以下の通りです。

  1. イラレでPDFを配置
  2. [オブジェクト]>[透明部分を分割・統合]
  3. [すべてのテキストをアウトラインに変換]にチェックを入れて[OK]をクリック

 

Illustrator上でのPDFのアウトライン化_Trim

 

メニューから[ファイル]>[配置]でPDFを配置したあとに、

[オブジェクト]>[透明部分を分割・統合…]を選択します。

透明部分を分割_統合

 

パネルが表示されるので、[すべてのテキストをアウトラインに変換]にチェックを入れて[OK]をクリックします。

 

PDFのテキストがアウトライン化されました。

アウトライン化データをイラレで開いた状態

Microsoft Print to PDFでアウトライン化する

Windows10に搭載されている「Microsoft Print to PDF」を使って、テキストをアウトライン化することもできます。

CMYKのデータがRGBに変換されるなどあまりおすすめはできませんが、Acrobat DCやIllustratorが無い環境でも、テキストのアウトライン化が可能です。

 

WindowsでPDFを開いて、[ファイル]>[印刷]を選択します。

印刷を選択

 

プリンターで「Microsoft Print to PDF」を選択して[印刷]をクリックし、任意の場所にデータを保存します。

Micorosoft_Print_to_PDFを選択して印刷

 

テキストをアウトライン化することができました。

テキストのアウトライン

 

Acrobat Pro DCは7日間無料で試せます

ご紹介したAcrobat Pro DCは有料のツールですが、Adobeのサイトから申し込むと7日間無料で試すことが可能です。

ご紹介したテキストのアウトライン化以外にも様々な機能がありますので、興味のある方は無料期間内で使ってみてはいかがでしょうか。

なお、無料期間を過ぎると課金が発生するのでご注意ください。

 

Advertisement

最後に

PDFのテキストをアウトライン化する方法をご紹介させていただきました。

Adobeの「Acrobat Pro DC」を利用すれば、簡単にテキストをアウトライン化することができます。

無料で試せる期間もありますので、一度利用してみて使用感を確認してみるのもよいかもしれません。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

※その他のPDF関連の記事はこちらからどうぞ

PDFカテゴリの最新記事