【Illustrator】反転コピーして左右対称のオブジェクトを作る方法

【Illustrator】反転コピーして左右対称のオブジェクトを作る方法

反転コピーの方法サムネイル

ねこ浦さん
ねこ浦さん
左右対称のイラストを作りたい

今回はIllustratorでオブジェクトを反転させてコピーする方法を、初心者の方向けにご紹介します。

左右対称や上下対象のオブジェクトをつくるときに便利な方法です。

反転コピー

 

Advertisement

オブジェクトを反転コピーする

下のように左半分だけを作成し右側に反転コピーさせて、左右対称のオブジェクトをつくってみます。

反転コピー

 

半分だけのオブジェクトの作成

最初に半分だけのオブジェクトを作成します。

ガイド線を利用して、各パーツの右端にくるアンカーポイント位置をなるべく揃えておきます。

ガイドを利用してオブジェクトの作成

 

端点の横位置を揃える

次に右端のアンカーポイントの横位置を揃えます。反転コピーしたあとに閉じたパスをつくるのに必要な作業です。

  1. [ダイレクト選択ツール]で右端のアンカーポイントだけを囲むようにドラッグ。
  2. [ウィンドウ]→[整列]で整列パネルを開き、右の端点の位置を揃えます。
    水平方向左に整列/中央に整列/右に整列いずれかを選択して整列させます。)

端点の横位置をそろえる

 

端点が揃っていないと、反転コピーした際に隙間が空いたりしてしまいます。

端点が揃っていないときのコピー結果

 

反転コピーする

次につくったオブジェクトを反転コピーをします。

まずメニューから[表示]→[スマートガイド]をオンにします。

スマートガイドをオンにする

 

軸を指定して、反転コピーします。

選択ツールでオブジェクトを選択して、

  1. ツールバーから[リフレクトツール]を選択(回転ツールのアイコン長押しで表示されます)
  2. 右端のアンカーポイント(アンカーと表示される部分)で、Optionキー(WindowsはAltキー)を押しながらクリック
  3. リフレクトダイアログが開いたら[リフレクトの軸]を垂直90°にして[コピー]をクリック

します。

反転コピー

リフレクトツールのショートカットキーは、[O]キーです。

 

オブジェクトが反転コピーされました。

反転コピーされた状態

 

パスを連結する

このままだと、左半分と右半分のオブジェクトがそれぞれ独立した状態です。そのためパスを連結させます。

左と右のパスを連結させる

 

[ダイレクト選択ツール]で、連結させたい2つのアンカーポイントを囲むようにドラッグして選択

メニューから[オブジェクト]→[パス]→[連結]で、パスを連結させます。

パスを連結

パスの連結のショートカットキーはCommand + Jキー(WindowsはCtrl + Jキー)です。

 

ねこ松さん
ねこ松さん
完成です。おつかれさまでした!

反転コピーされた状態

 

パスを連結させたことで、塗りの設定などもスムーズに行えます。

塗りの設定

 

Advertisement

その他の反転コピーの使い方

リフレクトツールを使った反転コピーは、結構便利です。

 

文字が床に映り込んだような表現だったり、

鏡面反射

 

リボンのパーツを作るときに利用すると便利です。

リボン

 

最後に

Illustratorで、反転コピーする方法をご紹介させていただきました。

左右対称や上下対象のオブジェクトを作るときに便利な方法です。ぜひ試してみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
 

Illustratorカテゴリの最新記事