【Illustrator】画像や文字をエンボス加工のように浮き出して見せる方法

【Illustrator】画像や文字をエンボス加工のように浮き出して見せる方法

Ai_エンボス加工

当社ではお客様から名刺の作成などを依頼されたとき、

「浮き出たような文字にして欲しい」とご依頼いただくことがあります。

画像や文字が浮き出たようにする加工のことを「エンボス加工」と言います。

今回はIllustratorを使って、画像や文字をエンボス加工したように見せる方法をご紹介します。

Illustrator_エンボス加工風の画像

作成工程の動画は下のリンクから

 

Advertisement

1 背景をつくる

最初に背景をつくります。

長方形選択ツールで背景をつくる

ツールバーから[長方形選択ツール]を選択→ドラッグして背景をつくります。

背景を作る

ここでは背景のサイズを150×100mm、塗りの色をM20、Y50、K40%に設定しました。

 

背景色をスウォッチパネルに登録する

次につくった背景の塗りの色をスウォッチパネルに登録します。

画面上部にあるコントロールパネルの塗りのカラーボックスをクリックしてカラーパネルを開き、以下の操作を行います。

  1. カラーパネル右上のボタンをクリック
  2. [新規スウォッチ]を選択
  3. [新規スウォッチ]ダイアログが表示されるので、[グローバル]にチェックを入れ、[OK]をクリック
  4. 背景色がスウォッチパネルに登録されます。

背景色のスウォッチへの登録

Advertisement

2 エンボス加工のような文字をつくる

テキストを入力して配置する

次にテキストを入力して、背景の上に配置します。

Illustrator_エンボス加工2
ここではテキストのサイズを80pt、線の色を[なし]に設定しています。

 

テキストの塗りを3つ作る

入力したテキストを選択した状態で、

  1. コントロールパネルの塗りのカラーボックスをクリック
  2. カラーパネルで左上の[なし]をクリックします。

Illustrator_エンボス加工2-2

 

塗りの色が[なし]の状態になりました。

Illustrator_エンボス加工2-3

 

続いてメニューバーから[ウィンドウ]→[アピアランス]を選択。

Illustrator_エンボス加工2-4

 

アピアランスパネルが開くので、パネル下部の[新規塗りを追加]ボタンを3回クリックして、塗りを3つ作ります。

Illustrator_エンボス加工2-5

 

動画で見ると下のようなかんじです。

Illustrator_エンボス加工動画2-6

 

3つ作った塗りは上から順番に

  1. 塗りの色
  2. ハイライト(白)の色
  3. 影(シャドウ)の色

となります。

Illustrator_エンボス加工2-7

これからそれぞれの塗りの設定を変えていきます。

 

一番上の塗りの設定

ねこ浦さん
ねこ浦さん
ここから塗りの設定をおこなっていきます。

最初に一番上の塗りの設定をおこなっていきます。

アピアランスパネルから、

  1. 塗りのカラーボックスをクリック
  2. 背景色で登録したカラースウォッチをクリックします。

Illustrator_エンボス加工2-8

 

塗りの色が背景色と一緒になりました。

Illustrator_エンボス加工2-9

 

続いて、

  1. 塗りのカラーボックスを[shift]キーを押しながらクリック
  2. カラーパネルのパーセンテージを操作して、背景色よりも薄くします。

Illustrator_エンボス加工2-10

カラーパネルのバーをスライドさせても、色のパーセンテージを変更することができます。

 

ここでは85%に設定して、下のような色になりました。

Illustrator_エンボス加工2-10-2

 

ハイライトの塗りを設定する

次にアピアランスパネルの真ん中の塗り(ハイライトの部分)の設定をしていきます。

  1. 塗りのカラーボックスをクリック
  2. カラーパネルから「ホワイト」をクリックします。

Illustrator_エンボス加工2-11

 

塗りの色がホワイトになりました。

Illustrator_エンボス加工2-12

 

続いて塗りの配置をずらします。
パネル下部の[ fx ]のボタンをクリックします。

Illustrator_エンボス加工2-13

 

[パスの変形]→[変形]を選択します。

Illustrator_エンボス加工2-14

 

変形効果のダイアログが表示されるので、プレビューにチェックを入れ、「移動」の数値を設定します。

ここでは

  • 水平方向:-0.1mm
  • 垂直方向:-0.3mm

に設定しました。
Illustrator_エンボス加工2-15

設定が終わったら[OK]をクリックします。

 

ホワイトの塗り(ハイライト部分)が、下のようにズレました。

Illustrator_エンボス加工2-16

 

シャドウの塗りを設定する

ねこ浦さん
ねこ浦さん
完成まであと少しです!

次にアピアランスパネルの一番下の塗り(シャドウ部分)の設定をおこなっていきます。

ハイライトの塗りの設定と同様に、塗りの配置をずらします。
最初にパネル下部の[ fx ]のボタンをクリック

Illustrator_エンボス加工2-17

 

[パスの変形]→[変形]を選択します。

Illustrator_エンボス加工2-18

 

変形効果のダイアログが表示されるので、プレビューにチェックを入れ、「移動」の数値を設定します。

ここでは

  • 水平方向:0.1mm
  • 垂直方向:0.5mm

に設定しました。
Illustrator_エンボス加工2-19

 

シャドウ部分の塗りが下のようにずれました。

Illustrator_エンボス加工2-20

 

シャドウの部分の黒がちょっと濃い気がするので薄くしていきます。

アピアランスパネルのシャドウ部分の塗りの「>」をクリック→不透明度をクリックします。

Illustrator_エンボス加工動画2-21

 

透明パネルが表示されるので、

  • 描画モード:乗算
  • 不透明度:60%

に設定します。
Illustrator_エンボス加工2-22

 

シャドウ部分の黒が薄くなりました。
これで完成です。お疲れ様でした!

Illustrator_エンボス加工2-23

 

Advertisement

色を変えたいときは

背景色として登録したスウォッチの色を変えると、簡単に色を変えることができます。

①スウォッチパネルの登録したスウォッチをダブルクリック

②スウォッチオプションダイアログが開く

③ダイアログの[プレビュー]にチェックを入れカラーの設定を変える

と、直感的に色を選ぶことができます。

パターンの色を変える

 

最後に

Illustratorでエンボス加工のように、画像や文字を浮き出して見せる方法をご紹介しました。

立体感があって、かっこいいデザインが作れるのでぜひ試してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
 

Illustratorカテゴリの最新記事