【Illustrator】型押しのような文字や画像をつくる方法(デボス加工風)

【Illustrator】型押しのような文字や画像をつくる方法(デボス加工風)

Illustratorデボス加工

型押しして立体感のある印刷物って、雰囲気があってかっこいいですよね。

特定の部分を型押しして、文字や画像をへこませる加工のことを「デボス加工」といいます。

当社でもお客様からご依頼いただいて、名刺などに「デボス加工」をすることがあるのですが、Illustratorを使って擬似的にデボス加工したように見せることができます。

今回はIllustratorを使って、画像や文字をデボス加工で凹んだようにみせる方法をご紹介したいと思います。

 

Advertisement

1 背景を作ってスウォッチに色を登録

今回は下のようなデボス加工風の文字を作っていきたいと思います。

完成

 

最初にツールバーから[長方形選択ツール]を選択→ドラッグして背景をつくります。

1背景を作る

ここでは背景のサイズを150×100mm、塗りの色をC10、M40、Y50、K50%に設定しました。

 

次につくった背景の塗りの色をスウォッチパネルに登録します。

画面上部にあるコントロールパネルの塗りのカラーボックスをクリックしてカラーパネルを開き、以下の操作を行います。

  • カラーパネル右上のボタンをクリック
  • [新規スウォッチ]を選択
  • [新規スウォッチ]ダイアログが表示されるので、[グローバル]にチェックを入れ、[OK]をクリック
  • 背景色がスウォッチパネルに登録されます。

スウォッチ登録

 

2 型押し風のテキストをつくる

次に型押しされたように見せるテキストを作っていきます。

テキストを入力して配置する

テキストを入力して、背景の上に配置します。

テキスト配置

ここではテキストのサイズを100pt、線の色を[なし]に設定しています。

 

テキストの塗りを増やす

立体感を出すために、塗りの色を増やします。

最初にテキストを選択した状態で、
コントロールパネルの塗りのカラーボックスをクリック→カラーパネルで左上の[なし]をクリックします。

塗りをなしにする1

 

塗りの色が[なし]の状態になりました。

塗りをなしにする2

 

次にメニューバーから[ウィンドウ]→[アピアランス]を選択します。

アピアランスパネルが開くので、パネル下部の[新規塗りを追加]ボタンを3回クリックして、塗りを3つ作ります。

塗りを3つつくる

 

3つ作った塗りは上から順番に

  1. 塗りの色
  2. 影(シャドウ)の色
  3. 白(ハイライト)の色

となります。

塗りの説明

 

一番上の塗りの設定

ねこ浦さん
ねこ浦さん
これから3つ作った塗りの設定を、それぞれ変更していきます。

最初に一番上の塗りの設定をおこなっていきます。

アピアランスパネルから、塗りのカラーボックスをクリック→背景色で登録したカラースウォッチをクリックします。

一番上の塗りの設定1

 

塗りの色が背景色と一緒になりました。

一番上の塗りの設定2

 

続いてアピアランスパネル下部の[ fx ]のボタンをクリックして、[スタイライズ]→[光彩(内側)]を選択します。

スタイライズ光彩

 

[光彩(内側)]のダイアログが開くので、
[プレビュー]にチェックを入れて、ビジュアルを確認しながら調整→設定が終わったら[OK]をクリックします。

光彩設定

 

ここでは

  • 描画モード:オーバーレイ
  • 不透明度:30%
  • ぼかし:1.8mm
  • 「境界線」を選択

に設定しました。

光彩設定

 

下のようなかんじになりました。

光彩設定した状態

 

Advertisement

影(シャドウ)の塗りを設定する

次にアピアランスパネルの真ん中の塗り(シャドウ部分)の設定をおこなっていきます。

文字がへこんで影が出ているように見せるために、塗りの配置をずらします。

 

アピアランスパネルの真ん中の塗りを選択した状態で、

①パネル下部の[ fx ]のボタンをクリック

②[パスの変形]→[変形]を選択します。

2番目の塗りパスの変形

 

変形効果のダイアログが表示されるので、プレビューにチェックを入れ、「移動」の数値を設定して[OK]をクリックします。

ここでは

  1. 水平方向:0mm
  2. 垂直方向:-0.8mm

に設定しました。

シャドウのパスの変形

 

シャドウの部分の黒がちょっと濃い気がするので薄くしてみます。

アピアランスパネルの[不透明度]をクリック→[透明パネル]を表示させて、

  • 描画モード:乗算
  • 不透明度:50%

に設定しました。

2番目の塗り不透明度調整

 

シャドウ部分の黒が薄くなりました。

不透明度の比較

 

ハイライトの塗りを設定する

ねこ浦さん
ねこ浦さん
完成まであと少し!

次にアピアランスパネルの一番下の塗り(ハイライトの部分)の設定をしていきます。

塗りのカラーボックスをクリック→カラーパネルから「ホワイト」をクリックして色を変更します。

3番目の塗りホワイト

 

続いて塗りの配置をずらします。

アピアランスパネルのハイライトの塗りを選択した状態で、パネル下部の[ fx ]のボタンをクリック。

[パスの変形]→[変形]を選択します。

3番目の塗りパスの変形

 

変形効果のダイアログが表示されるので、プレビューにチェックを入れ、「移動」の数値を設定して[OK]をクリックします。

ここでは

  • 水平方向:0mm
  • 垂直方向:0.5mm

に設定しました。

ハイライトをずらす

 

ハイライトの白色を、背景の色と少し馴染ませてみます。

塗りの[不透明度]をクリックして透明パネルが表示させ、

  • 描画モード:スクリーン
  • 不透明度:60%

に設定しました。

ハイライトの不透明度設定

 

完成です。おつかれさまでした!

完成

 

Advertisement

うまくいかない場合は、光彩効果の設定を変えてみよう

背景の色によっては、画像や文字がへこんだように見えない場合があります。

その場合は一番上の塗りの設定で、[光彩(内側)]の描画モードを「焼き込みカラー」にすることでうまくいく場合があります。

Illustrator型押し文字34

 

逆に文字が浮き出したように見せるには?

Illustratorを使って、文字や画像を浮き出したように見せることもできます。

Illustrator_エンボス加工風の画像

こちらの記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。

最後に

Illustratorを使って、文字や画像を型押しでへこんだように見せる方法をご紹介しました。

雰囲気のあるかっこいいデザインが作れるのでぜひ試してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
 

Illustratorカテゴリの最新記事